HOME>注目記事>現場の周囲を覆うだけで色々な安全対策になる

現場に適した種類を選ぶ

男性作業員

養生シートは工事現場を周囲から隠す他、工事の影響が外側に及ばないように保護する役割があります。そして、その保護機能をしっかり活かすためには、養生シートの耐久性を考えなければなりません。もし、解体工事のように破片が飛びかねないような環境で、薄く耐久性が低い養生シートを使用していると、破片が突き破ってしまい、外まで飛び出す恐れがあります。そのようなことにならないよう、厚みのある生地を使用していたり、緩衝材を挟んでいたりする養生シートを使用するのが望ましいです。さらに、塗装工事を行う現場では、飛び散った塗料によって、早い段階で使いものにならなくなる可能性があります。したがって、その場合は塗料を防げる最低限の厚みで、早めに処分しても問題ないものが適しています。このように使用する現場に合わせて、最適な種類の養生シートを選択することが大切です。

様々なリスクを下げられる

建設作業

工事現場では、解体の際に出る破片や、塗装で使用する塗料などが空気中に舞います。それがそのまま周囲に広がってしまうと、人がケガをしてしまったり、近隣の建物に色を付けてしまったりする恐れがあります。そうすると、クレームが入ったり訴訟問題に発展したりするなど、色々な問題が発生します。そういった問題発生のリスクを下げられるのが、養生シートです。工事現場の周囲を養生シートで覆ってしまえば、破片も塗料もその内側だけにしか舞いません。

落下防止のカバーにもなり得る

建設現場

足場を組むような工事現場では、バランスを崩すなどで、作業をしている人が落下してしまうこともあるかもしれません。そんな時に足場に養生シートをしっかり括り付けておけば、落下を防げる可能性があります。それと同様に、使用している工具や素材も、養生シートに引っ掛かることで落下を防止できます。もちろん安全帯など落下のことを考えた対策は必要ですが、それをカバーする形で、養生シートは役に立つでしょう。

広告募集中